2019.1.12

広島の山岳界に
"スーパーキッズ"
現る!

広島市内中区在住の5才の男児i君は、2017年の12月(4歳)の時から、「あさきた里山マスター」へのチャレンジを始め、2018年12月9日には雪の可部冠山(添付画像)を登頂し、その後も片廻山、備前坊山を登頂した後の今年1月6日に押手山に次いで白木山(添付画像)の登頂を果たし、父親同伴ながら、5才にして里山マスター197番目の全39山の登頂者となりました。正に、西日本豪雨災害からの復旧、復興を目指す我が広島の明日への希望の星!
*可部冠山(735.6m)、備前坊山(789.2m)、押手山(706.5m)、白木山(888.9m)は、何れもHWTコース上にあります。